炎上

地方議員の海外派遣が復活した理由は!?意味不明だと批判され炎上?

地方議員の海外派遣が復活した理由

批判が集まったことや情勢上、休止になっていた地方議員の海外派遣が復活するとの話が出ています。

地方議員の海外派遣は、公費を使っていることもあってかねてより批判が相次いでいました。

批判があるにも関わらず、なぜ地方議員の海外派遣が復活するのでしょうか?

批判もある地方議員の海外派遣が復活!

事実上の観光旅行などと批判され、財政悪化や東日本大震災(2011年)後の自粛ムードで休止されていた地方議員の公費の支出を伴う海外派遣が、復活の兆しをみせている。毎日新聞の調査では、全国47都道府県議会のうち、海外派遣制度があったのは00年度は44都道府県議会で、11年度に24議会まで減ったが、17年度には再び32議会まで増えていた。17年度に実際に派遣したのは29道府県議会で派遣費用は総額3億円を超えており、相変わらず観光などと批判される例も目立っている。

出典:Yahoo!ニュース

批判もあった公費による地方議員の海外派遣ですが、どうやら復活するようです。

地方議員の海外派遣は、公費を使って観光旅行をしているだけと激しく批判をされることもありましたが、なぜこのタイミングでまた復活させるのでしょうか?

また、世間の人々は地方議員の海外派遣をどう思っているのでしょうか?

地方議員の海外派遣が復活した理由は海外旅行?

事実、公費で海外旅行しているだけだもんね。 出張期間中の諸経費の使徒明細を議会は、県民、市民に明示する義務があるだろう。
観光旅行と言わざるを得ない😼税金の無駄遣い😼
血税を使った海外旅行(>_<) ネットを通じてあらゆる情報が入る時代だから、即刻中止すべき!
「海外派遣」じゃなくて、「海外視察」と称した半慰安旅行じゃないの?
批判の声が静まると早速又税金を使っての海外旅行。そんなに行きたけりゃ自費で行けって!
地方も国も財源が乏しいのに、視察と意味不明な理由で観光へ海外に行くこの様な議員を2度と当選させてはならない、意極めるのは国民の責務である。

地方議員の海外派遣復活は意味不明だと批判殺到!

海外行かなくてもネットで調べりゃ十分だよ、どうせ現地に行ったところで何も結果がでないんだからw
旅行に行きたいならば自費でどうぞ。万人に共通する当たり前の話、それが出来ない議員が多過ぎる。
だいたい地方議員が海外に行ってナニしてくるんだよ…。
財政に余裕のある自治体なんて日本にあるの?腹立たしい限り。彼らはどんな報告書を書いているのだろう。
テレビでやってるよね。あれで税金は無いわ。見るだけならグーグルアースでいいやん。そもそもちゃんと役立てろよw
本当に必要なものなら、自治体規模には関係ないでしょう。

地方議員を海外派遣するなら情報公開を!

集団でぞろぞろ行くのではなく、個々の議員が目的を明確にした申請を行い、結果は報告し、一連の流れをネットで公開すればよい。
「一週間で原稿用紙二枚分の私的報告書を提出すること」…出来なきゃ歳費削減でね。
ネットで充分とか言う意見があるけれど 実際に現地議員との交流や意見交換で考え方を深めることは必要ですよ
ただし報告公開はしなきゃね
派遣先や日程はほぼ観光地。報告書をパクる、官僚に書かせる。 挙げ句その後の議員活動に成果の欠片も無いでは無駄だよ… せめて報告書くらい自分で書けよ…
派遣してもいいけど、行った奴等は必ず書面だけではない成果を出さねばならないルールを作れ。
情報公開が大切。海外派遣の成果は必ずしもすぐに出ないと思いますが、内容を正しく公開することで有権者とのコミュニケーションが可能です

まとめ

一時期問題になっていた地方議員の海外派遣ですが、なぜかまた復活するようです。

以前から批判があった地方議員の海外派遣復活には、当然ながら意味不明だと批判が殺到する状況になっているようです。

どうしても海外派遣が必要なら、得た情報を公開するなどで海外派遣の成果を公表するべきとの見方が強いようです。

 

飼い犬虐待動画の女性は逮捕されるか
犬虐待動画のおばさんは誰!?逮捕されないの?批判殺到し炎上京都で散歩中の飼い犬を虐待した動画が出回り、飼い主の女性から引き離され保護されるという事件が起きました。 衝撃的な動画の内容から、...
児相がPTSDを認識しながら帰した理由
児相がPTSDの小4女子を帰した理由とは?もはや拷問や刑事事件では?小4女子・栗原心愛さんが父親からの虐待によって命を落とした事件について、一時保護の段階で医師がPTSDの疑いありと診断していたことが明ら...
ファミマを炎上させたバカスタグラムの店員2人
ファミマのバカスタグラムは2人!?キャップとつくねの犯人は誰?ここ数日でいくつもの不適切動画の発覚が相次ぎ、バカッターブームの再来とも言われていますが、流出元がTwitterからインスタグラムに変わ...