ニュース

上野千鶴子(東大祝辞)の経歴学歴や出身高校は?旦那や子供とwiki風プロフィールについて

祝辞が話題の上野千鶴子教授の学歴や経歴

4月12日に行われた東京大学の入学式において、上野千鶴子名誉教授の祝辞が話題になっています。

上野教授による東大入学式の祝辞は、女性の差別や頑張っても報われない世界などについて触れるインパクトのある内容だったようです。

事実、上野教授の祝辞はネットニュースにもなり、SNSでも拡散されてかなり話題になっていました。

今回、衝撃的な祝辞で話題になっている上野千鶴子東大名誉教授とは、いったいどんな人物なのでしょうか?

ブラックホールを撮影した本間希樹教授
本間希樹(ほんままれき)教授の出身大学や高校は?結婚して妻や子供はいるの?ブラックホール撮影4月10日、国立天文台などの国際チームがブラックホールの撮影に成功するという大偉業を達成しました。 チームの中心メンバーだったのが...
線路内に転落した酔っ払い男性は誰か
山科駅で線路に転落した酔っ払い男性は誰?名前や顔画像の特定は?JR山科駅で、酔っ払って線路内に転落した男性を助けた周囲の人達の行動が物議をかもしています。 SNSで拡散された動画には、線路内に...

上野千鶴子(東大名誉教授)の東京大学入学式での祝辞が話題に!

「社会にはあからさまな性差別が横行している。東京大も残念ながら、例外ではない」――。12日にあった東京大の入学式で祝辞を述べた社会学者の上野千鶴子・同大名誉教授はこう語り、「世の中には、頑張っても報われない人や頑張ろうにも頑張れない人、頑張りすぎて心と体を壊した人たちがいる。恵まれた環境と能力を、自分が勝ち抜くためだけに使わず、恵まれない人々を助けるために使ってほしい」と新入生に訴えた。

出典:Yahoo!ニュース

上野千鶴子(東大祝辞)の経歴学歴や出身高校は?

東大入学式での祝辞が話題になっている上野千鶴子名誉教授ですが、経歴や学歴について調べてみました。

まずは出身高校や大学などの学歴です。

  • 中学:富山大学教育学部附属中学校
  • 高校:石川県立金沢二水高等学校
  • 大学:京都大学文学部哲学科社会学専攻
  • 大学院:京都大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程 退学

続いて、上野千鶴子教授の経歴について簡単にまとめてみました。

  • 1977年4月:京都大学大学院文学研究科社会学専攻 研修員
  • 1979年4月:平安女学院短期大学(現・平安女学院大学短期大学部) 専任講師
  • 1982年4月:平安女学院短期大学 助教授
  • 1989年4月:京都精華大学人文学部 助教授
  • 1992年10月:京都精華大学人文学部 教授
  • 1993年4月:東京大学文学部 助教授
  • 1995年4月:東京大学大学院人文社会系研究科 教授
  • 2011年4月:特定非営利活動法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長
  • 2011年:東京大学 名誉教授

上野千鶴子名誉教授は結婚している?旦那や子供はいるの?

 

View this post on Instagram

 

para_joga_FC1010さん(@para_joga1010)がシェアした投稿

上野千鶴子教授の家族構成について、結婚しており旦那さんや子供さんはいるのか調べてみました。

Oggi.jpの記事によると、どうやら上野千鶴子教授は独身を貫かれているようです。

上野千鶴子教授は、結婚を必需品ではなくぜいたく品だと位置づけ、愛と性と生殖の三位一体と結婚が結びついた例はほとんどないそうです。

確かに、結婚が必ずしも必要かと言われれば、愛が必要なら結婚という形じゃなくても得られますし、子供がほしいなら結婚以外の方法もあります。

事実、上野千鶴子教授も恋愛や同居はしたそうですが、結婚しようとは思わなかったようです。

つまり、上野千鶴子教授は結婚しておらず、旦那さんや子供さんはいないということになります。

上野千鶴子名誉教授のwiki風プロフィールを紹介!

 

View this post on Instagram

 

ルル&さくらさん(@teamtfork.r.s)がシェアした投稿

上野千鶴子教授について、簡単なwiki風プロフィールを紹介します。

  • 名前:上野 千鶴子(うえの ちづこ)
  • 年齢:70歳(2019年4月時点)
  • 生年月日:1948年7月12日
  • 出身:富山県中新川郡上市町
  • 研究:社会科学、社会学、家族社会学、女性学、ジェンダー論

上野教授は、富山県の生まれのようですね。

上野教授は著書も多く、日本だけではなく海外の大学にも客員教授として招かれていたみたいですね。

上野千鶴子名誉教授の東大祝辞の反応は?

上野千鶴子さんの東大祝辞を読んだ。かっけーっ。
2019年に上野千鶴子がああいう祝辞をするということは世の中前進しているようで全然変わっていないのかな、とは思った。
私が初めて上野千鶴子を知った30年前と同じことを言ってるなあと思ってこの人はブレないなあって感動したけど、一晩経って「それって性差別問題は30年進展無しってことじゃん…」って今は絶望感でいっぱいです…
どっちも理解できるなあ。上野千鶴子さんのスピーチは彼女の思想や目的を考えると上手く作用しているけど、祝辞としては無礼だったねと。ただ、その反論が起きることは彼女の思想を否定するものではないので、やはり巧かったんだな。
上野千鶴子氏のように女性は弱者、可哀想、と女性に生まれたことをネガティブに捉えるようなことを言うフェミニストは支持出来ないですね

上野千鶴子教授が東大入学式で話した祝辞について、世間では賛否両論が巻き起こっているようですね。

何度も読むと違った見方ができますし、何より文章で読むのと現場で実際に聞いた人とでは全く違う解釈になりそうな気がします。

ここまで賛否両論入り混じり様々な討論が生まれるということは、やはり素晴らしい祝辞だったということなのでしょうか?

まとめ

4月12日に行われた、東大入学式での上野千鶴子名誉教授の祝辞が話題になっています。

祝辞の内容については賛否両論あるようですが、ここまで注目されるのはやはり多くの人の興味をひくような祝辞だったからだと思われます。

フェミニストとして知られる上野千鶴子教授ですが、ご結婚はされておらずもちろん子供さんもいないようですね。

ブラックホールを撮影した本間希樹教授
本間希樹(ほんままれき)教授の出身大学や高校は?結婚して妻や子供はいるの?ブラックホール撮影4月10日、国立天文台などの国際チームがブラックホールの撮影に成功するという大偉業を達成しました。 チームの中心メンバーだったのが...

https://genkimura.net/yamamoto-tobiori/